財産目録の作成

目録に決まった書式はありません。どのような財産がどのくらいあったのかを一覧にし、相続人が目録を基に分割協議をしていただくための参考になります。
 不動産・預金・株式・保険(相続財産ではありませんが記載することが多い)・貸付金・借入金等が記載されていれば十分となります。

 

【財産目録に記載する各種財産の評価額について】
決まりはありませんが、「死亡時の評価額」を記載することが多いです(死亡日現在の残高証明書の記載金額を使用)。なお不動産の価額についても明確な基準はありませんが、固定資産評価額を記載しているものが多いです。

トップへ戻る