遺産分割協議書の作成

相続人調査により「誰が相続人か」が定まり、財産調査により「相続手続をすべき財産」が定まります。そして相続人間において「財産目録」等の資料を参考に相続人間で遺産を分ける話し合いをして頂くことになります。我々行政書士は相続人からの質問に随時答えつつ、決まった内容を基に「遺産分割協議書」を作成し、各相続人へ最終的な確認をとりつつ「遺産分割協議書」へ署名押印等を頂きます。 (注) 相続人間において合意が出来た場合に、相続人は「遺産分割協議書」に署名押印すればよく、相続人の一人が一方的に作成して署名押印を求めてきた「遺産分割協議書」に署名押印する必要はありません。

遺産分割協議書の基本

「遺産分割協議書」には決まった書式はなく、誰の・どの財産を・誰が取得するのかがわかれば良いということになります。

 

【被相続人の記載】
氏名・本籍・住所・生年月日・死亡日を記載します。

 

【財産の記載】
1 不動産
土地: 所在・地番・地目・地積
建物: 所在・家屋番号・種類・構造・床面積

 

2 預金
金融機関名・支店名・預金種類・口座番号+「全残高及び一切の権利」
*預金残高0円の口座も記載します。

 

3 株式
相続人数名で株式を分け合う場合は必ず株式数で記載します。
(注)株式の「未配当受領金」も相続財産となりますが、その取扱いについては注意が必要であり、以下のように記載します。

 

− ○○株式会社 □株
  (預かり信託銀行:△△信託銀行株式会社)

 

  以上の株式に付随する配当金その他の権利全て

トップへ戻る